運営方針・育成方針・活動方針

【マリーナ運営方針】
サッカーを通じて子供達の体力や技術を向上させるのはもとより、人間性や社会性の成長を促すような指導を心がけています。
また、親やOBの親たちが指導者やサポートメンバーとなり、ボランティアながら積極的にクラブに関わっていきながら、近隣社会のより豊かなスポーツ文化の発展にも貢献をしていきます。

【マリーナ育成方法】
サッカーを楽しむことを主眼に、子供たちの自発的、個性的なプレーを引き出させる環境作り、「個」の育成を心がけています。
例えば、低学年(ボーイズ)やガールズではゲームの楽しさをメインに、高学年(ボーイズ)ではサッカーのスキルや戦術を身につけることを含めて活動しています。

【ガールズ活動方針】
①(学年共通)コーチ、お父さんお母さん、友達と元気よく挨拶ができるようにする。
②(学年共通)大人や友達の話を静かに聞き、きちんと返事をすることができるようにする。
③(低学年)サッカーの最低限のルールを理解し、友達と楽しくプレーすることができるようにする。
④(高学年)サッカーを通じて、自分で考え判断し、積極的に行動する気持を養う。

広告